お問い合わせ

映像制作マガジン

KIZUNA JAPANスタッフによる映像制作マガジン

2022年8月29日

【レベル補正】で簡単に靴磨き。採用ツールに最適。【Photoshop】

カラーレベル補正

企業のリクルートシーンにおける採用動画や採用パンフ等では、
被写体の衣装等が綺麗な状態ではないケースは多々あると思います。
衣装さんがコーディネートしているわけではないので、色褪せ等は撮影時によく気になる事項です。
そんな時に非常に便利なのが「レベル補正」です。

PhotoshopやAfterEffects等にインストールされているカラー補正系のエフェクトですね。
これを使えば、靴やスーツに輝きを与え、引きしまった絵にすることが可能です。
採用パンフ等でラグジュアリーに被写体を見せたいときに私も良く使います。

レベル補正とは

画像の明るい箇所(ハイライト)、暗い箇所(シャドー)、中間の色を調整する機能。
※レベル補正の考え方や詳細は様々なTIPSが検索すれば出てくるので、是非調べてみてください。
本記事ではサクッと、ビジネスマンをラグジュアリーに見せる設定方法を紹介します。

作業は簡単シンプル。

①レイヤー下のアイコンからレベル補正を挿入します。

②「▲」暗部(一番左のスライダー)を右にスライドし、「▲」真ん中の中間のスライダーを少し左にする。

photoshopのレベル補正画面
レベル補正画面

これは暗い部分をしっかり暗くし、中間となる色を明るくすることで、明暗をはっきりさせ、
黒い色をひきしめ輝かせるイメージです。

靴についた小さな汚れを飛ばすことができたり、黒やネイビーの靴やスーツがパキッとして、
非常に高級感を生み出すことができます。
やり過ぎるとポスター風になり過ぎるので、軽くやるのがポイントです。

この調整によって、いっきにスーツや靴が高そうに見えませんか?
靴磨きをしたかのような、輝く艶感を演出することが可能です。

オシャレは足元から。
是非、イケてるビジネスマンに見えるように、自社の社員写真や動画をカラー補正してみてください。

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る

この記事を書いた人

Keiichi Takase

KIZUNA JAPAN株式会社 代表兼クリエイティブディレクター。 趣味:サーフィン、キャンプ、ゴルフ

  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
  • TikTok

よく読まれている関連記事

顔写真 ご相談無料
お気軽にお問い合わせください。
TEL : 03-6225-0652
TOPへ戻るボタン