お問い合わせ

映像制作マガジン

KIZUNA JAPANスタッフによる映像制作マガジン

2022年2月4日

【AE】After Effectsでシルバーテキストを作成する方法

AfterEffectsでシルバーテキスト作成

本日は久々のチュートリアルという事で、
簡単にテキストをシルバーにする内容です。
豪華で派手な演出の際に使用する事とかもできます。
簡単なので、是非参考にしてみてください。

■シルバーテキスト作成の流れ

  1. コンポジションを作成し、背景作成とテキストを入力。
テキスト入力

テキスト自体が3Dのような形になるので、
背景にも【4色グラデーション】を使用し奥行のある背景を作成するといい感じになります。

  • テキストにエフェクトを適用。
エフェクト設置

まずは、上記のエフェクト全てをテキストレイヤーにぶち込みましょう。

:グラデーション
:CC Light Sweep
:ベベルアルファ
:トーンカーブ

そして、エフェクトの中身を見ていきます。

■グラデーション

エフェクト設定

グラデーションの色は開始色は黒(#000000)
終了色は白よりのグレー(#d6d6d6)
位置は上記画像のように配置。
大体、開始色がテキストの左上あたり。
終了色が右下あたりに配置すれば良いです。
グラデーションパート終了。

■CC Light Sweep

エフェクト設定

こちらのエフェクトは光を当てるものです。
調整する場所としては、
【Direction】【Shape】
Directionに関しては、光の差す方向なので、テキストの質を見ながら調整しましょう。
今回は-10に設定します。

ShapeはSmoothにしてあります。光がテキストに馴染みます。
こちらで終了。

■ベベルアルファ

エフェクト設定

こちらでテキストを立体的にします。
調整点は【ベベルの太さ】【ライトの角度】です。
ベベルの太さもフォントによって、見え方が変わるので、イイ感じになる様に調整してください。
今回は8.5。
結構太さを入れてます。※入れすぎ注意。

ライトの角度も上記に伴い調整しましょう。
テキストの浮き出し方が変わってきます。
今回は-35°に設定。
こちらが終了。

■トーンカーブ

エフェクト設定

こちらのコントラストを調整することで、一気にメタリック感がでます。
上記のような大体な曲線を描きます。

シルバーテキスト

これで、シルバーテキストの完成です。
1レイヤーで完結しますし、フォントを変更しても適用されます。
CC Light SweepのDirectionとベベルアルファのライトの角度にキーフレームを打って、
アニメーションを付けると更に質感が増します。
フォントを変えて、エフェクトの値を調整するだけで、複数のテキストに多用できるので、

是非やってみてください。
応用になると、テクスチャを当てたりとしていきますが、まずは簡単なエフェクトで対応してみてください。

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る

この記事を書いた人

Kensuke Nakada

KIZUNA JAPAN株式会社 CREATIVE DIRECTOR

  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube

よく読まれている関連記事

顔写真 ご相談無料
お気軽にお問い合わせください。
TEL : 03-6225-0652
TOPへ戻るボタン