お問い合わせ

映像制作マガジン

KIZUNA JAPANスタッフによる映像制作マガジン

2019年2月19日

視聴率というものの考え方

視聴率と録画視聴率

前回の統計的に、
あれれ、あまり『テレビ離れ』なんて起きてないじゃないか。
そう思う方も多いのではないでしょうか?

では、なぜ『テレビ離れ』と言われるのか。
その理由は簡単です。

テレビが“見られている”と推定するための、
重要な指数の事をなんと呼ぶか。
皆さんはご存知でしょうか?
そうです。『視聴率』です。

視聴率とは、ビデオリサーチ社による統計調査ですね。
関東県内では、無作為に900世帯を選び、
それぞれがどのチャンネルを視聴しているかを
収集した費のことを言います。

ちなみに、関東地区の世帯数は約2万世帯で、
人口は4万3千人。
まぁ、どうやら統計学的にはいいらしいです。

で。
これが高いと良し。低いと悪し。
ながらく、そうされてきたわけですね。

『テレビ離れ』と言われている所以は、
この視聴率が全体的に昔より低いから。
と、言われています。

視聴率だけ見ると、確かにテレビ見て人少ないじゃん。
と思うかもしれません。

だって、2019年1月~3月の間、
もっとも人気のドラマ『3年A組・今から皆さんは、人質です(日テレ)』の視聴率が
2月3日放送分で10%とちょっとしかないのだから。

しかし、注目したい数値は今の時代は特に視聴率だけではありません。
『録画視聴率』というものです。
どれだけの人が、録画し、見たのかを示す数値です。

ちなみに、既出のドラマに関しては、約10%の録画率を記録していました。
総合視聴率(視聴率+録画視聴率-重複率)では約18%なんです。

だから何が言いたいかというと、
テレビ離れ、全然起きていませんよっていう事です。
これを言うのは、広告費を出しているのに、
CMが見られないって悩んでいるスポンサーの方々なんですね。

もっと言うとですが、
YouTubeなどの動画サービスで、
違法アップロードが全部なくなれば、この視聴率はもっと上がるんじゃないか。
と思う方も、私含め居ます。

面白い話をします。
2019年1月28日から2月3日の『視聴率』で、
15%を超えているものは、9番組しかありませんでした。
『録画視聴率』も鑑みた『総合視聴率』で、
15%を超えているものは、11番組以上あると言われています。
※調査会社では、トップ10までしか公表していません

さて、こう見たら、はたして本当にテレビ離れ、
皆さんの目には起きているように見えるでしょうか?

以上、皆さんご存知、あの安部でした。

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る

この記事を書いた人

安部 諒

よく読まれている関連記事

顔写真 ご相談無料
お気軽にお問い合わせください。
TEL : 03-6225-0652
TOPへ戻るボタン