お問い合わせ

映像制作マガジン

KIZUNA JAPANスタッフによる映像制作マガジン

2019年4月24日

編集サイドから見ても、上手いと思うカメラマン。

技術のあるカメラマン

自分が上手いと思うカメラマンには3つの共通点があります。

①パン・ティルトの動きの速度が安定(一定)している。
もしくは、速度を変化させても規則的にイーズをかけたような
フワッとした滑らかさがある。
ザハトラーとかじゃないコンパクトな廉価三脚の場合、
逆に滑らかに撮るのが非常に難しく、実力差がはっきり出る印象です。

②RECを押した後の絵に無駄・迷いがない。
→RECを押してから、カメラがちょこちょこ動いたり、
RECしてから、さまよっている感じだと撮影しながら探っている感じになってしまう。
上手いカメラマンはスタートポイントとエンドポイントが回す前から見えているから、
上手い人の映像はやはり使いどころが多く編集もしやすい。

③ハンディの際の手振れ量が少ない。
最近はカメラがコンパクト化したことによって
スタビライザーを使うシーンも増えましたが、
小さいカムでも体全体でカメラロックして、
ブレの少ない映像を撮れる人ってやはり上手い。
バットと同じで手打ちじゃない人。
体の軸で振っている人は上手いなぁ~って思います。
こういう人があえてブラして撮ると、スゴイいい感じになったりします。

勿論、頼られるカメラマンであるためには、
現場力であったり、迅速な動きも非常に重要です。

以上、制作現場サイドから見た上手いカメラマンの印象でした。

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る

この記事を書いた人

Keiichi Takase

KIZUNA JAPAN株式会社 代表兼クリエイティブディレクター。 趣味:サーフィン、キャンプ、ゴルフ

  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
  • TikTok

よく読まれている関連記事

顔写真 ご相談無料
お気軽にお問い合わせください。
TEL : 03-6225-0652
TOPへ戻るボタン