お問い合わせ

映像制作マガジン

KIZUNA JAPANスタッフによる映像制作マガジン

2015年7月6日

面白怖いアニメーション、その①。現代美術作家、束芋。

束芋

こんにちは、ディレクターの千葉です。

今回は僕の大好きなアニメーション作品のご紹介です。
アニメと言っても、日本で主流の「萌え系アニメ」じゃありませんよー。

日本じゃあんまり目にしないかもしれませんが、

今回ご紹介するのは、アート寄りのちょっぴり抽象的な作品です。

先日、オペラシティの展示を見に行く機会がありまして、これまた偶然目にしたのが、こちらの作品、束芋さんの『にっぽんの台所』でした。

他の作品も通して見ると、日本の社会問題をテーマにしているようで、どれも庶民的な対象をモチーフに、あえて不快感を与えるような作風をとっているようです。

それにしても、この作品…

大学の卒業制作だったんですね。

んー、すごいクオリティー…

山村浩二さんやチェコアニメ好きの自分としてはたまらない世界観ですね。

外部リンクを貼っておくので気になった方は他の作品も是非!
http://matome.naver.jp/odai/2137917578602507901

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る

この記事を書いた人

Keiichi Takase

KIZUNA JAPAN株式会社 代表兼クリエイティブディレクター。 趣味:サーフィン、キャンプ、ゴルフ

  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
  • TikTok

よく読まれている関連記事

顔写真 ご相談無料
お気軽にお問い合わせください。
TEL : 03-6225-0652
TOPへ戻るボタン