お問い合わせ

動画マガジン

サイバープロモートムービースタッフによる動画マガジン

2021年3月19日

新人NKの成長日記~制作会社での学び~

新人NKの学び

皆さんこんにちは。
新人クリエイターの中田です!

今回も新人クリエイターが映像制作会社に入ってどのような事を学んできているのかシェアしていきますね。

まず、今映像をやってみたいと思っている方。
映像制作を最近始めた方。そして映像を仕事としていきたい方!

考えるのが映像制作を会社でやるのか。フリーランスとしてやるのか。

これは映像を仕事にする時に考える方が多いのではないでしょうか?

自分は会社に入って映像を作っていく事に決め、いざ入ると知らない事や学ぶ事が多すぎるぐらいあると実感しています。

これは完全な素人が映像制作会社に入ると誰もが実感するかもしれませんね。

弊社は全員が営業、撮影、編集、ディレクションと全てを行うマルチクリエイターのチームです。

これはフリーランスの方も行う事ですが、まずは制作会社に入って基礎を固めていき、実際に経験して知っていく事が大切になってくるかもしれませんね。

ちなみに、このテーマでトークしている模様が代表YouTubeチャンネルの#03で公開されています。

是非チェックしてみてください。

※#03【自分のスタイルで!~制作会社かフリーランス~】

全て私、中田が担当しております。

今回は撮影と編集でのFBを2点。

■構図

前回の記事にてお見せした構図

あちらは第1回目のYouTube撮影にて被写体の構図が悪く、頭の上を切りすぎてしまっていました。

アップショットの失敗

寄りの映像に関しては頭が少し切れるぐらいまでは攻めても大丈夫です。

ただやり過ぎると上記のような状態に。引きの映像は頭の位置をセーフティゾーン80%ぐらいに配置するのがいいですね。

セーフティーライン設定
セーフティーライン失敗版

これは上開けすぎですね。

基本的に引きと寄りで編集時にスイッチングしていくので、2つの構図バランスがバラバラだと違和感が出てきてしまいますね。

ですので、撮影の際は構図を考え定めたらRecを押していきましょう。

■スピード感

制作をしていく中で必要になってくるのがスピード感

どうする事が1番効率いいのか。

何故、早く出来ないのか。

ここを考えていく。

1つは前回もお話しました。
時間設計をしていくこと。

最近はショートカットキーを多用する事で時間の短縮を相当出来ることも感じています。

編集で各ソフトを使っていく中でもショートカットキーはそれぞれあります。

このショートカットキーを覚えれば覚えるだけ、

僅かな時間短縮も重なり
スピード感ある作業へと繋がっていきます。

映像以外の仕事でもスピード感は大切なポイントになってきます。

これから制作会社に入る方。

新社会人になる方。

ショートカットキー覚えていきましょう。

これからも新人クリエイターのFBはシェアしていきます。

映像制作会社が実際どんな感じなのか分からない方は参考にしていただければと思います。

先程も申しましたが弊社は営業から制作まで全て行います。

ただ、代表もよく言っていますが、営業出来る人はクリエイティブも出来る。
クリエイティブ出来る人は営業も出来る。

結局、映像制作は人への気遣い。
その中で良い作品を作っていく。

映像を作れるだけでは、この業界では勝っていけないかもしれませんね。

そんなマルチクリエイターを目指す新人中田のFBでした。

今週のYouTubeもUPされたので要Check!!

また、来週もシェアしていきますね!

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る

この記事を書いた人

Kensuke Nakada

KIZUNA JAPAN株式会社 CREATIVE DIRECTOR

  • Facebook
  • Instagram
  • vimeo
  • Youtube

よく読まれている関連記事

顔写真 ご相談無料
お気軽にお問い合わせください。
TEL : 03-6225-0652
TOPへ戻るボタン